スタッフの吉澤です。

もう3月も終わりです。桜の便りも聞こえてきました。

今年は数え年で7年に一度の善光寺の御開帳です。

開催期間は令和4年4月3日(日)から令和4年6月29(水)になります。

 では御開帳とは何か?簡単ではありますが調べてみました。

御開帳とは、善光寺の御本尊「一光三尊(いっこうさんぞん)阿弥陀如来」

は、中央に阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩(せいしぼさつ)

が並んでいます。

普段は直接お姿を拝むことはできない仏様ということです。

 数え年で七年に一度、御本尊と同じお姿をした前立本尊を公開するのが「御

開帳」ということのようです。.

 阿弥陀如来の右手に結ばれた金糸は五色の糸となってのびていき、さらに白い

「善の綱」となって回向柱に結ばれます。その回向柱に触れることは、前立本尊

とつながることとなり、功徳が得られるといわれています。

 これから出かけるには良い季節になります。

 コロナに気を付けながら行かれたらいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です