こんにちは、スタッフの阿藤です。
タイトルの通り、久しぶりにテニス鑑賞をいたしました。
とはいっても、この寒いなか金網にしがみついて実際に鑑賞した…というわけではありません。
先日の全豪オープンの決勝戦の大坂なおみさんの試合をTVで観戦したのです。
テニスはやったことはないのですが観戦するのは学生時代から好きでした。
ただ、TV地上波でテニス見れるのはウィンブルドンぐらいでしょうか?時差の関係で深夜から朝方に放送するのでなかなか最近は見れなかったのですが、さすがに日本人の4大大会の決勝進出とのことでリアルタイムで観戦することができました。
ご覧になった方はご存知でしょうが、ブレイクの応酬で2セット目を相手にとられた時点で、大坂さんもかなり感情が爆発したような動きを見せていてちょっと難しいかなーと思ってはいたのですが、その後の3セット目は人が変わったように冷静に試合を進めて勝利を手にしましたね。
その後のインタビューで「感情をすべてシャットアウトして、無駄なエネルギーを消費したくなかった。“無”になって、ロボットのようにプレーしていたと思う」とおっしゃってました。
感情に押し流されず、目の前のことに集中する姿に感動しました。
私もこれから忙しい時期となりますが、目の前の仕事に集中し進めていかねばなあと思った次第です。
ところで、大坂さん。全米、全豪と優勝を決めて、もしかして年間グランドスラム?と余計な期待も膨らんでしまいます。
これからの活躍が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です